徹底調査シリーズ

本みりんは【本当に】代用できるのか?3種類の調味料と比べた結果

みりん

こんにちはyouです。

みりんを使う料理、例えば

『にくじゃが』、『ぶり』、『温泉卵のつゆ』etc…

を作る時に『本みりんがない!』ってなったことありませんか?

本みりんの値段が高いから、値段の安いみりん風調味料でいいかな?ってなっていませんか?

今回はそんなあなた向けの記事になっています。

その疑問を解決します。

では行きましょう本みりんは本当に代用できるのか?3種類の調味料と比べた結果!?

前提として
実際に試した結果ですが、あくまでも個人的な意見ですのでご理解ください。

3種類の方法を紹介

みりん風
日本酒、ハチミツ、砂糖

知っているかもしれませんが、本みりんは代用できると言われています。

よく言われている方法が

①みりん風調味料

②日本酒+砂糖

③日本酒+ハチミツ

一度ネットとかで調べたことのある方は↑の方法で代用できるよ!と見たことがあると思います。果たしてそれが本当なのか試すという記事です。

ちなみに

料理酒ではなく日本酒なので注意!

料理酒には食塩が含まれているので単純に出来上がりが辛くなります。

※辛みの弱い白ワインでもOKです。

そもそも本みりんとは

本みりんはもち米、米麹、焼酎を原料にして熟成し甘みを出したものです。

14%前後のアルコール、糖分が約40%が含まれていて

・食材に溶け込み甘みとコクを出す

・肉魚の臭みを消す

・照りを出す

・煮崩れを防ぐ

などの効果があります。

どうです?地味に万能じゃないですか?

ちなみに普通にアルコールが入っているので、アルコールが飛ばせるような火を入れる料理じゃないと使いづらかったり、未成年は購入できないという立派な【酒類】です。

いざ実践へ

今回はド定番の『肉じゃが』で試していきます。

レシピは↓のものを使用。

・男爵イモ   4個

・玉ねぎ    1個

・人参     1本

・ししとう   10本

・牛肉     250g

・ごま油    小さじ2

・水      350cc

・濃い口醤油  大さじ4

・本みりん    大さじ3

・酒      大さじ3

・砂糖     大さじ3

では普通に①本みりんのパターンで作っていきます。特にこの記事はレシピ記事ではないので作り方等は省きます。

残りの3パターンは、【本みりん…大さじ3】の部分を↓に入れ替えて同じように作ります。

②みりん風調味料…大さじ3

③日本酒大さじ3+砂糖小さじ3

④日本酒大さじ3+ハチミツ小さじ1と1/2

実食

①本みりん
②みりん風調味料
③日本酒+砂糖
④日本酒+ハチミツ

はい。食べて一発でわかりますね。本みりんの圧倒的勝利です。

まず写真ではわかりにくいですが

③日本酒+砂糖と④日本酒+ハチミツは照りが弱いです。

②みりん風調味料は逆に照りが本みりんより強いです。

大事な味ですが

②みりん風調味料
③日本酒+砂糖
④日本酒+ハチミツ

すべてただ甘いというだけの結果でした。
(②みりん風調味料は甘い+肉じゃがの味が濃かったです。理由は下記へ)

勘違いしてもらいたくないのは②③④で作った肉じゃがも全部決してまずくはないです。普通に食卓に並んでも食べます。

①本みりんに比べたら差が激しいだけです。本みりんが悪いのです。(笑)

ちなみに②みりん風調味料で作った肉じゃがが濃かったのは単純にみりん風調味料に食塩が入っているからです。

みりん風調味料は本みりんに似せて安価に作ったものです。

アルコール度数も1%以下ですし糖分も合成してます。そして食塩入り。

普通に考えたら成分が別物なのでそりゃ味は変わりますよね。

ただ、みりん風調味料は火を通さずに使えるというメリットがあるので使い道はたくさんありそうですね。

検証結果

本みりんは代用できない

・代用したものも美味しいがそれはもう別物。本みりんには到底勝てない

→結果、黙って本みりんを買いましょう(笑)

以上の結果でした。

本みりんの方が高いので購入時にはお財布に相談ですが、高いと言ってもみりん風調味料に比べて100円そこら高いだけなので購入したことのない方はぜひ試してみてください。

(というか酒と砂糖が入るものはすべてみりんに置き換えたほうが美味しいんじゃないのか…?)

↑時間がある時に試してみます。

ここまで見ていただいてありがとうございました。

ではまた!