料理

【過去の遺産】クッキーで使う小麦粉は薄力粉と強力粉で違いがあるのか?【元調理師】が徹底調査

クッキー

こんにちはyouです。
ちょっと思考を変えて過去にブログを頑張ろうとしていた時の没記事をアップします。
没記事だけど内容は確かだから見たかったらみてみてね。

んじゃ▼

こんにちは、元調理師のyouです。

クッキーを焼くときに通常は薄力粉を使いますよね。
パンを焼くときには強力粉を使います。そしてパンはタネをよくこねて作ったりしますよね。

同じような粉ならクッキーも強力粉で焼けるはず、でも強力粉で焼いたらどうなるのか?パンのようにこねたらどうなるのか?気になる方は気になるはずです。

  • クッキー 小麦粉
  • クッキー 強力粉
  • 薄力粉 強力粉 違い
  • クッキー こねて作る

自分ならGoogleでこんな検索をして知りたい答えを探します。
しかし調べれば調べるほど、いろんなサイトで様々な意見が書かれていますよね。

  • 方法が色々あって迷った
  • 試したけど効果が感じられなかった
  • 結局どれが1番いいのかわからなかった

こういった経験が誰しもあると思います。
この記事ではそんなあなたの悩みを解決するために

関係する情報を全部集めて、実際に自分で全て試し、正確な結論をわかりやすくお伝えします。

さっそく結論

まずはサクッと結論からお伝えします。

  • 強力粉でもクッキーは味に問題なく作れる。
  • 強力粉で作った場合、こねた場合はどちらもクッキーの『硬さ』に影響する。

この後、解説を入れながら詳しい結果をお伝えします。
最後までお付き合い頂ければうれしいです。

検証に使用する小麦粉とレシピ

材料

薄力粉or強力粉 120g
バター     50g
砂糖(三温糖)   80g
たまご     1/2個

今回は砂糖に三温糖を使いました。グラニュー糖でも三温糖でもクッキーの味に変わりはありませんでした。

理由が気になる方はこちらの記事もご覧ください▼

https://blog-bb-you.com/freshcream-sugar/284/

厚さ5mmのクッキーの場合

薄力粉、強力粉それぞれで生地を作り、できる限り適切な検証ができるようにグラムもほぼ同じにしてみます。

薄力粉、強力粉
薄力粉
強力粉

これで量は同じくらいですね。
次に同じ厚み(5mm)・同じサイズに生地を伸ばし、ほぼ同じ大きさにカットを入れていきます。

同じ厚み
クッキングシート
ほぼ同じ大きさにカット

こんな感じですね。間違えないようにクッキングシートには目印をしておきました。

オーブンレンジ

170℃で約15分焼いて完成です。

170℃で約15分

焼けたクッキーがこちらです。

約5mm
クッキー

約5mmに焼けました。

5mmクッキーを食べてました

左が薄力粉クッキー、右が強力粉クッキー
左が薄力粉クッキー、右が強力粉クッキー

1時間強冷ました後に食べ比べをしてみました。
が、5mmクッキーだと焼き色・香り・食感・味・硬さなど正直全くと言っていいほど違いはなかったです。

一旦まとめ

5mmでは薄すぎて効果が感じられなかったようです。

厚みと作り方も少しパターンを変えてさらに試します。

15mmのクッキーの場合

先ほどのレシピはそのまま使い、次の内容でもう一度小麦粉の違いを調べてみます。

  1. クッキーの厚みを先ほどの3倍の15mmにしてみる。
  2. 生地をまとめる際に通常よりこねてみる。

では生地からまた作っていきます。

4パターン

はい。4パターン作りました。上から、

  • 厚み15mmの強力粉クッキー
  • 厚み15mmの強力粉クッキー(3分間追加でこねたバージョン)
  • 厚み15mmの薄力粉クッキー
  • 厚み15mmの薄力粉クッキー(3分間追加でこねたバージョン)

4パターンとも同じグラムにして、同じ厚み(15mm)になるように型を使い成形しました。

同じグラム
型
型

小麦粉は混ぜすぎたり、こねすぎると小麦粉の『グルテン』という成分が生地を膨らみにくくしたり固くしたりします。

なので本来は作るものにあった小麦粉の使い方をします。

クッキーはあまり混ぜたりこねたりしないですが今回は違いを見るために通常より3分間多くこねたバージョンも用意してみました。

この生地を4等分にして焼いていきます。

180℃で約20分焼成
180℃で約20分焼成

焼き上がりがこちら。

焼き上がり

それでは食べてみます。

15mmクッキーを食べてみました

15mmクッキー

1時間強冷ました後に食べ比べをしてみました。
結果違いは圧倒的でした。

味には違いがありませんでしたが違いは硬さと食感にでてきました

薄力粉で作ったクッキーがサクサクなら強力粉はガリガリ
こねた薄力粉はカリカリ、こねた強力粉はゴリゴリというくらいの違いが出ました。ちょっとびっくりです。

固さ的には
3分こね強力粉>強力粉>3分こね薄力粉>薄力粉

という結果でした。

この記事でわかったこと

  • 5mmくらいの薄いクッキーなら薄力粉でも強力粉でも結果は同じ。
  • 15mmくらい厚みのあるクッキーなら硬さと食感に違いが出てくる。
  • こねればどんどん固くなる


味や焼き色や香りには何も影響しなかったので単に固いクッキーが好みの方はぜひ強力粉でクッキーを作ってみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です